人事管理システムでスタッフのやり取りが円滑化【コストも削減】

>Column>人海戦術では無理な部分を人事管理システムでカバーできる

人海戦術では無理な部分を人事管理システムでカバーできる

男の人

戦略的人材開発にも

一口に人事管理システムといっても給与計算や勤怠管理から、採用管理や労務管理の分野まで幅広い範囲を含んでいます。給与計算や勤怠管理は社員数が増えてくれば必然的に求められるシステムで、毎月膨大な量の計算をミスなく処理するには不可欠と言えるでしょう。システムの導入により、事務コストを大幅に削減することが可能です。一方、採用管理や労務管理システムは社員の能力・キャリア・評価などさまざまな情報を統計的に、また個別に分析して、戦略的な人材配置や開発を行うために重要な役割を果たします。目に見える形でコストダウンに貢献する部分は大きくありませんが、企業が将来も成長しつづけるために必要な人事管理システムと言えます。

男性と女性

意志疎通と連携が重要

人事管理システムを導入する際には、まず何が必要かを明確にします。システム部門が独断で決めるのではなく、関連部門や経営トップとの意志疎通を十分に行った上で、導入のスケジュールを立てる必要があります。また別のシステムが既に導入されている場合、データのやり取りをどうするのか考えておくことも大切です。データを連携させることができれば、業務の効率は飛躍的にアップするでしょう。自社で人事管理システムを開発する場合や、オンプレミス型のシステムを導入する場合は、専用のサーバーが必要で初期コストがかかる代わりに、カスタマイズしやすくなります。クラウド型のシステムは比較的少ない費用と期間で導入できるのが特徴です。