電話業務の効率化を上げるシステム

コールセンターで行われている電話業務の効率化を図りたいなら、クラウド型のCTIシステムを導入することを検討してみませんか?今まであった見込み客の取りこぼしをカットしすることができ、利益を挙げられることが出来ます。また、クレームのリスクを回避することも可能で、より業務の可動率を上げることが出来ます。

ビジネスパーソンのためのオススメコラム

女の人

いい会社の特徴

いい会社は社員ひとりひとりの意見を上手に取り入れていくことが出来ます。そのために社員それぞれが安心して、最大限の力を業務に費やすことが出来るのです。最大限の力を発揮出来る会社は、社員の満足度、クライアントの満足度ともに優れている良い会社なのです。

読んでみよう

サービス向上とコスト削減を目指せる

クラウド型CTIシステムを利用することによって会社にさまざまなメリットがあります。会社のサービスの品質の向上を狙えるだけではなく、人件費やコストを削減なども出来ます。次ではCTIシステムを導入した際のメリットをご紹介します。

CTIシステムのメリット

婦人

同じ時間に情報を共有出来る

クラウド型のCTIは情報共有が出来ます。遠く離れた場所でも同じ情報が、同じ時間に共有されます。ですので、営業をしてはいけない人に再度営業をしてしまったり、営業がかぶってしまうなどのトラブルを無くすことが出来ます。

見込み客を取りこぼさない

アウトバウンド業務では、顧客に再度電話をかけ直すことが必要な場合があります。その時に紙にメモを残しておくなどのアナログなやり方では忘れてしまうことがあります。一方、クラウドCTIシステムを導入しておけば、PCのディスプレイ上に通知されます。また、予定時間を設定することが出来るので、時間どおりに顧客へのアプローチが出来ます。

会社の品質を上げることが出来る

CTIシステムは通話モニタリングの機能があります。なので、全員分の通話時の内容を把握することが出来ます。また、録音機能がありますので通話内容を最初から最後まで確認することが出来ます。これによって、次回の課題をより明確にすることが出来ます。

CTIシステムを導入しよう

CTIシステムはリアルタイムの情報共有が可能~業務に役立つ~

男性と女性

CTIシステムは導入しやすい

今までのCTIシステムはPBXの導入や工事費などに大きい費用が必要でした。なので利用できるのはテレアポを基本に行っている電話営業会社や大手のコールセンターなどがほとんどでした。しかし、最近は工事が要らないクラウド型のCTIシステムが定番になっています。ですので、小規模の会社でも費用をかけずに導入出来るようになりました。

オフィス

複数の会社に見積りを出してもらいましょう

クラウド型のCTIシステムは、以前のパッケージ型のCTIと違って初期費用を抑えて導入することが出来ます。ですが、座席の数に比例して月額料金が多くなります。ですので、導入する前にしっかりと毎月の料金のシミュレーションをして検討することが重要です。また、CTIシステムを提供している会社によって機能の一部がオプションであることもあります。ですので、いくつかの会社に見積りを出してもらい、比較してみましょう。

PCを操作する人

システムの知識を学んで使いこなそう

システムを仕事内容に合った仕様に変えることが可能なのかどうかも、CTIシステムを使う仕事において重要なポイントです。中には自分で設定を変更できるもの、業者に頼まないとシステムを変更出来ないものなどさまざまあります。業務中にシステムの設定などで困ることが無いように、あらかじめ知識をつけておきましょう。

[PR]
ワークフローシステムを導入☆
仕事の効率を劇的改善

[PR]
チャットアプリを活用
仕事の効率化へ

[PR]
秘書代行・電話代行の専門会社

オンライン面接のメリットとは?